玩運彩就在右邊登入唷➯

運彩分析|北海道富良野(北海道富良野薰星光計畫 運彩衣草)

北海道富良野(北海道富良野薰衣草)

ちょうど40年前。1981年10月9日の夜10時から、ドラマ『北の國から』(フジテレビ系)の第1話が放送された。多くの視聴者にとって、それは見たこともないドラマだった。

40年前,日本時間1981年10月9日晚十點,電視劇《南國之戀》(富士電視臺)第一集播出了。對那時的許多觀眾來說,這是一部亙古未有的電視劇。

當時、金曜夜10時という同じ時間帯に、ドラマが3本並んでいた。1本目は、この年の5月から始まっていた、藤田まこと主演『新?必殺仕事人』(81年5月~82年6月、テレビ朝日系)。もう1本が9月にスタートした山田太一劇本のドラマ『想い出づくり。』(81年9~12月、TBS系)だ。

那時,周五晚十點檔同時播出著三部電視劇,一部是1981年5月開播,由藤田真主演的《新?必殺仕事人》(1981年5月~1982年6月于朝日電視臺播出),一部是1981年9月開播,由山田太一負責編劇的《回想創造》(1981年代~12月于TBS播出)。

シリーズとして固定ファンを持つ『必殺』もさることながら、『想い出づくり。』も女優3人の生き生きとした掛け合いが軽妙で話題となっていた。演じたのは森昌子、古手川祐子、田中裕子の3人。當時は結婚適齢期といわれていた24歳の女性たちが、普通な一樣平常生涯から脫卻しようと都邑をさまよう物語だ。ちなみに劇本は山田太1、上演は鴨下信1、プロデューサーは大山勝美。後に大ヒット作となる『ふぞろいの林檎たち』の布陣と同じだった。

有著浩繁忠厚粉絲的系列作品《必殺》人人天然耳熟能詳,由三位女演員主演的《回想創造》也因其輕盈活潑的故事而備受存眷。這部作品中的三位女主角分手為森昌子、古手川祐子以及田中裕子,它講述了正值適婚年紀的24歲女性逃離普通生涯奔波在城市中的故事。此外,這部作品編劇為山田太1、導演為鴨下信一,建造工資大山勝美,與以后的人氣作品《長不齊的蘋果們》為統一建造聲勢。

異例ずくめのドラマ

別樹一幟的電視劇

人気の2番組に遅れて參入してきた『北の國から』の主演俳優は、田中邦衛である。60年月から70年月にかけての田中は、加山雄三の映畫『若上將』シリーズや『仁義なき戦い』シリーズでの脇役という印象が強かった。ドラマの主役といえば、スターだったり二枚目だったりすることが當たり前の時代に、異例の「主演?田中邦衛」。視聴者も戸惑ったはずだ。

在這兩部人氣作品播出后,《南國之戀》后起而入,這部作品由田動滋券 中獎中邦衛主演。六七十年月的田中在加山雄三的系列片子《若上將》以21u 世界盃及《無仁義之戰》中的副角給人留下粗淺的印象。那時,提及電視劇主演,人們心中還認為應當由明星小生負責,《南國之戀》的“田中邦衛主演”就十分別樹一幟,這一點想必也讓那時的觀眾十分疑心。

そして、肝心の物語も平凡ではなかった。東京で暮らしていた黒板五郎(田中)が、2人の子どもと一緒に、生まれ故郷である北海道の富良野に帰ってくるところからドラマは始まる。仕事を求めて東京に出ていた五郎は、令子(いしだあゆみ)と結婚して、純(吉岡秀隆)と螢(中嶋朋子)をもうけた。しかし、妻の不倫をきっかけに五郎は、子どもたちを連れて富良野へ帰ることを決意したのだ。

此外,最緊張的故工作節也并不簡略。《南國之戀》的故事從棲身在東京的黑板五郎(田中 扮演)帶著兩個孩子歸到田園北海道富良野最先。來到東京求職的五郎在以及令子(石田良子 扮演)娶親后,生下了純(吉岡秀隆)以及螢(中島朋子)一對兒女。然而老婆卻在婚后出軌,五郎也是以決定帶著孩子歸田園富良野往。

當然、ドラマの主な舞臺は北海道となる。それまでも単発ドラマなどで「處所」が描かれることはあったが、連続ドラマを「現地」で撮り続けることなどあり得なかった時代だ。主演俳優同様、これも異例のことだった。

是以,這部電視劇的首要舞臺當然便是北海道。那時固然也有以“各處所”為舞臺的單集電視劇,但在阿誰年月,延續劇是很難做到一向在“當地”拍攝的,以是在這一點,《南國之戀》以及主演同樣,也是別樹一幟的。

冬は気溫がマイナス20度にもなる富良野でのロケ。俳優陣、上演家たち、そして技術や美術のスタッフの奮闘もドラマ史に殘るものだ。

富良野拍攝地的冬天,氣溫到達了零下20攝氏度。演員、導演、手藝美術事情職員的艱難拍攝也記入了電視劇史乘。

倉本が私に語ったところによると、當初、フジテレビからの提案は「映畫の『キタキツネ物語』(78年)のようなものを書いてほしい」だったという。ヒット映畫のテレビ版を狙ったのだろう。しかし、蔵原惟繕(くらはら これよし)監督が知床の斜里町や網走でキタキツネを探して4年も粘ったような建造世界盃 積分相同體系體例は組めないはずだと、倉本は斷った。

據倉本(編劇)描寫,那時富士電視臺提議他“創作一部相似于片子《狐貍的故事》的作品”,望得進去是想做一個賣座片子的電視劇版本。但卻被倉本采納了,《狐貍的故事》導演躲原惟繕組建的建造組在知床的斜里町以及網走市追蹤狐貍追蹤了四年,他認為目前已經經沒法組建如許有團體性的建造組。

すると今度は、北海道で日本版『アドベンチャーファミリー』(75年、米映畫)のような作品はどうでしょう、と食い下がる。ロサンゼルスで暮らしていた一家が、何もないロッキーの山中に移住する物語。家族が力を合わせて大天然と向き合う姿が評判を呼んだ。しかし、北海道にロッキーに匹敵するような場所はない。倉本はこの案も退けた。

以后電視臺有緊追不舍地要求在北海道拍一部日本版的《荒原家族歷險記》,這部片子講述的是住在洛杉磯的一家人移居到荒原山中的故事,故事中一家人同心合力面臨大天然的立場遭到觀眾一致好評。然則,北海道基本沒有可以或許以及原作對抗的“荒原”區域,是以倉本也采納了這個提案。

だが、フジテレビ側は「テレビを見るのは主に東京の人だからかまわない」と言う。これに倉本が怒った。北海道を舞臺にドラマを作って東京の人に見せるからといって、北海道の人間が「噓だ!」と思うようなものは作るべきではないからだ。

然而,那pes2016 世界盃時富士電視臺方稱“望電視的首要都是東京人他們不會曉得”,這句話惹怒了倉本。他認為,固然這部以北海道為舞臺的作品是拍給東京人望的,但也不克不及拍一部讓北海道的人一望就以為“太假了”的電視劇。

「廃屋」が生んだドラマ

運彩 足球 讓分“破房子”催生出的電視劇

思えば、『前略おふくろ様』(75~76年、日本テレビ系)も、プロの板前が見て納得できるドラマだった。結局、倉本本身が新たに企畫書を書くことになる。

云云說來,電視劇《前略老媽小孩兒》(1975年~1976年于日本電視臺播出)在業余人士望來也是很講究的一部作品。終極,倉本仍是本人寫了一部新的企劃書。

実は、『北の國から』を書き始める2玩運彩 f1~3年前から、倉本はよく富良野の曠野を歩き歸っていた。そこで頻繁に目にしたのが、物語の核となっていく「廃屋」だ。中に入ると、壁に〈寂しいときにはあの山を見た〉などの落書きがあった。赤いランドセルも置いてあり、広げた雑誌『少女フレンド』の表紙には少女時代の小林幸子の寫真……。まさに「夜逃げ」の光景だった。

現實上,剛最先創作《南國之戀》的兩三年間,倉本常常盤桓在富良野的曠野上。那時他常常望到的“破房子”后來成了這部作品的焦點。房間的墻壁上寫著“寂寞的時辰就望望那座山”,內里放著赤色雙肩包,睜開的《少女Friend》雜志封面是少女期間的小林幸子,一副家里客人“連夜逃跑”的光景。

倉本によれば、北海道には3種類の廃屋があるという。海岸に殘された番屋(漁平易近の作業場兼宿泊所)の廃屋。山に殘された炭住(炭鉱労働者用室廬)の廃屋。そして、曠野に殘された農家の廃屋だ。水産業、鉱業、農業……。かつて日本の繁栄を支えた第一次産業に従事した人々の家だ。高度経済成長を経て構造転換の大波の中で闌珊し、やがて國に見捨てられていった。廃屋はその殘骸だ。

倉本說,北海道有三種廢棄屋宇:海岸邊的廢棄哨所(漁平易近事情蘇息之處)、山上的廢棄炭住(煤炭勞動者居處)以及荒原中的廢棄田舍。水財產、礦業、農業,這些都是曾經經支持著日本經濟昌盛的第一財產,這些廢棄屋宇便是這些勞動者曾經經的家。這些財產顛末日本高度經濟成長的進程,在財產布局轉型中逐漸闌珊,終極被國度舍棄,這些廢棄屋宇便是遺留上去的殘骸。

捨てられた人たち、忘れられた人たちの無念が、倉本にペンを執らせたのかもしれない。ドラマの中で、最后に五郎たちが住もうとした家も廃屋のようなものだった。もちろん水道も電気もガスもない。

這些被揚棄、被遺忘的人們心中的遺憾,說不定恰是讓倉本拿起筆的緣故原由。在劇中,五郎最后的家也像廢棄屋宇一般,沒有水管、沒有電、也沒有煤氣。

第1歸で、この家に衝撃を受けた純が五郎に「電気がなかったら暮らせませんよッ」と泣きそうになって訴える。そして「夜になったらどうするの!」と続けた。この時の五郎のたんたんとした答えが、純だけでなく、私を含む視聴者を驚かせた。

第一集中,剛望到本人的家的純十分震動,一臉將近哭的模樣控訴“沒電怎么生涯”“晚上怎么辦!”。那時五郎稀薄的歸答不僅讓純震動,也讓筆者以及觀眾十分不測。

「夜になったら眠るンです」――このセリフこそ、その後20年にわたって続くことになる、ドラマ『北の國から』の“闘爭宣言”だったのだ。

“到了晚上就睡覺”——這句臺詞,在以后的20年一向都是《南國之戀》的“戰斗宣言”。

社會への異議を込めたドラマ

飽含對社會貳言的電視劇

明るくなったら目覚め、夜になったら眠る。一見、當たり前のことだ。しかし80年月初頭の日本では、いや東京という名の都邑では、街は24時間稼働し、人はカネさえあれば何でも買えると思い込み始めていた。やがて「バブル崩壊」という結末が訪れることなど想像することもなく、人々は繁華街で飲み、食べ、歌い、遊んだ。

天亮就起床,晚上就睡覺。這望起來是理所當然的原理。但在那時,80年月初的日本,或者者說東京這座城市,一天24小時都在事情,一切人都認為錢可以買到所有。甚至沒有人想象過“泡沫崩壞”這一終局的到來,只是一股腦地在榮華街中暢飲、暴食、高歌、游樂。

そんな光景に違を向けて、黒板一家は都邑から處所に移り住み、自給自足のような生涯をし始める。

在如許的違景下,黑板一家人卻選擇從城市歸抵家鄉,過自給自足的生涯。

「都邑は無駄であふれ、その無駄で食う人々の數が増え、すべては金で買え、人は己のなすべき事まで別人に金を払いそして依頼する。他愛(たわい)ない知識と情報が橫溢(おういつ)し、それらを最も多く知る人間が偉い人間だと評価され、人みなそこへあこがれ向かい、その裏で人類が営々とたくわえて來た生きるための知恵、創る本領は知らず知らずに退步している。それが果たして文化なのだろうか。『北の國から』はここから発想した」

“城市中充滿著虛榮急躁,愈來愈多的人以此為生,他們認為錢能買到所有,就連本人的應絕之事也費錢交給他人往做。城市中還全是無用的學問以及信息,對這些信息相識越多的人就會被認為是巨大的人,是以大家心神往之。而人類賴以生計的學問以及制造本領卻在人不知;鬼不覺中退步了。而這所有真的仍是文化嗎?《南國之戀》便是出于這些設法創作的”。

この文章は、倉本が82年1月5日の北海道新聞夕刊に寄稿したものだが、『北の國から』の本質を真個に語っている。倉本は本身が抱えていた違以及感をドラマの中に盛り込んだのだ。

這段話選自1982年1月5日倉本寄送給北海道消息晚報中的內容,它抒發了《南國之戀》的創作初志。倉本將本人心中的異常感隱蔽在了這部電視劇中。

當初は訝(いぶか)しんでいた視聴者も、歸が進むにつれて徐々に、倉本が描く世界から目が離せなくなる。そこに、當時の日自己に対する、怒りにも似た鋭い批評と忠告、そしてメッセージを感じ取ったからだ。

一最先感覺十分新鮮的觀眾也跟著電視劇的播出而逐漸愛上了倉本描述的世界。由于劇中有著對那時的日自己近似狂怒的尖利批判以及忠告,和想對他們抒發的信息。

時代と並走したドラマ

與時俱進的電視劇

80年月は、現在へとつながるさまざまな問題が噴出し始めた時代でもあった。世界一の長壽國となったことで到來した「高齢化社會」。處所から人が流出する現象が止まらない「過疎化社會」。何でもカネに換算しようとする「経済優先社會」。ウォークマンの流行に象徴される「個人社會」……。『北の國から』は「その生き方でいいのか」と別の価値観を提醒していた。

80年月,是一個種種成績最先裸露的期間,許多成績都與目前痛癢相關。最為世界第一“長壽國”的日本迎來了“老齡化社會”、處所生齒賡續流出的“過疏化社會”、萬事萬物都要換算成金錢的“經濟優先社會”、人手一個隨身聽的“小我私家社會”……。電視劇《南國之戀》提出了不同的代價觀,反詰“這類生計方式真的好嗎?”。

また、「家族」にも変化が起きていた。「単身到差」が當たり前になり、父親が「粗大ごみ」などと呼ばれたりもした。また「家庭內離婚」や「家庭內暴力」といった言葉も広く使われるようになる。『北の國から』はこうした時代を違景に、視聴者が無意識の中で感じていた「家族」の危機を、物語として具現化していたのだ。

此外,“家庭”也在產生轉變。“只身到差(因為事情緣故原由經常必要永劫間往外埠或者國外事情,但家人不克不及一同前去。)”屢見不鮮,父親被認為是“大件渣滓”;“家庭內仳離(伉儷住在一路,但因為種種緣故原由沒有現實仳離的環境)”“世界盃 男籃 直播家庭暴力”等詞語也頻仍浮現在民眾視野。《南國之戀》就在如許的期間違景下,將觀眾們無心識中感觸感染到的“家庭”危急以故事的情勢具象化了進去。

81年10月にスタートして、82年3月末に全24話の放送を終えた『北の國から』は、スペシャル情勢で2002年まで続いた。そこには20年の時の流れがあり、徐々に大哥いていく五郎の姿がある。その一方で、小孩兒になっていく子どもたちの仕事、戀愛、結婚、いや不倫までもが描かれていった。

《南國之戀》于1981年10月開播,1982年3月末播完,共24集。以后又days 線上看 足球以分外劇的情勢一向播出到2002年,分外劇中,顛末了20年的歲月,五郎逐漸老往,孩子們長大成人,劇中他們也閱歷了事情、愛情、娶親、甚至出軌。

見る側は、フィクションであるはずの「黒板一家」を親戚か隣人のように感じながら、五郎と一緒に笑い、泣き、悩み、純や螢の成長を見守り続けた。彼らと並走するように同じ時代を生き、年齢を重ねてきた。

對觀眾而言,虛擬出的“黑板一家人”已經經像是親戚或者者街坊一般,咱們以及五郎一同歡笑、一同啼哭、一同懊惱,一同保衛者純以及螢的成長。在雷同的期間中以及他們配合前行,配合閱歷歲月變遷。

思えば、『北の國から2002遺言』のラストで五郎は遺言を書いていたが、亡くなったわけではなかった。あれから20年近くが過ぎた本年、俳優?田中邦衛は88歳で旅立ってしまった。しかし、五郎は今も変わらず、富良野の風景の中を飄々と歩いているような気がするのだ。

回憶起來,在《南國之戀:2002絕筆》的最初,五郎寫下了遺書,但最初卻沒有離世。在那以后,20年后的本年,演員田中邦衛離世,享年88歲,但五郎卻從未消散,一向漠然地走在富良野的風光當中。

本內容為滬江日語原創翻譯,嚴禁轉載。